クリニックの開業はスタート地点


クリニック始めました

クリニックの開業はスタート地点

クリニックの開業はスタート地点 医師がクリニックを開業するのには多くの壁があります。
一番大きな壁となるのは、建物を建てたり、土地を購入したりすることです。
これらの代金は、今まで医師として働いてきた貯金の額では到底まかなえません。
ですので、医師は開業するにあたり、必ず借金をしなければなりません。
そして、ほとんどの場合、その借金の額も膨大なものになります。
建物を建てるだけで何千万とかかり、さらに土地代なども何千万とかかります。
また、クリニックを運営していくためには、高額な医療機器も必要になってきます。
このように、医師の開業には、膨大なお金がかかるのです。
しかし、クリニックをスタートさせるということは、それに見合ったこともあります。
まず、一番影響が出てくるのが、お給料です。
勤務医の場合は、経営者にある程度、お金を搾取されているので、年収は1千万円程度です。
しかし、開業医の場合は、勤務医よりも儲かります。
年収は約1500万円ほどになるでしょう。
また働いた分だけ、自分の給料に反映されるというところも良いところです。
クリニックの院長になるということは、それだけ責任も大きくなりますが、地域医療に貢献できる幅がとても大きくなります。
またスタッフなどの給料も支払わなければならないので、一国一城の主として責任感も身に付きます。

クリニックの開業とコンサルティングの関係

クリニックの開業とコンサルティングの関係 クリニックの開業には時間と労力がかかります。
それを医療業務をこなしながら一人で行うのはなかなかに難しい作業です。
そんな時、助けになってくれるのがその作業を専門に手助けしてくれるコンサルタントです。
正しくコンサルティングしてもらえれば、医療業務を通常通りこなしながら無理なくクリニック開業までを進めていくことが出来るのです。
とはいっても、大事な新規クリニック開業を他人に任せるのは不安もあります。
しかし自分の信頼がおけるコンサルティング会社に依頼すれば、一人で抱えきれずにいた作業のあれこれが一気に解決することもありえるのです。
コンサルタントを依頼すると、当然料金が発生します。
内訳を大まかに説明すると、着手金がまずかかります。
次に確定時に一定の料金を支払い、また完了時にも料金を払います。
この3つがコンサルタントにかかる費用です。
意外とシンプルな料金形態なのがわかります。
会社によって料金の組み立て方も多少の差はありますが、大切な人生の節目ともいえるクリニックの新規開業です。
コンサルタントとの手助けしあえる関係を友好的につかって、潤滑に無理なくそこまでの作業を分担することも考えてみて損はないことです。

クリニックの開業支援関連リンク

初期費用を気にせずに理想の医院開業をサポートしてくれます

クリニックの開業なら


Copyright 2016 クリニック始めました All Rights Reserved.